沖響の歩みパート T(1956年〜1971年)

パートU(1972〜1988)  パートV (1989〜2016)

  1956年5月に沖響の原型「チェンバー・オーケストラ」が誕生しました。以来50年の沖響の歴史は、まさに沖縄県のクラシック音楽の歩みといって良いで しょう。米軍人を中心に産声を上げたことは、沖縄の歴史を象徴しています。しかしどんな形にせよ、オーケストラというクラシック音楽上、大変重要な演奏形 態が沖縄に誕生したことは画期的なことでした。最初のオーケストラに参加した方々の意気込みや演奏に対する満足感は、今日の想像をはるかに超えるものだっ ただろうと思います。
 これまで沖響に携わってこられた方々の努力に敬意を表しつつ、今 日までの沖響の歴史をまとめてみました。 50年間をいわゆる本土復帰以前(パートT)、 復帰後1988年まで(パートU)、そして1989年(平成元年 )以後(パートV) と3つのパートに分けました。都合によりこのパートTについては、まだ詳細が掲載できていませんが、第2代団長の真栄城隆司氏のご努力により記録(沖縄におけるアマチュア・オーケストラの現状、1988年12月、沖縄キリスト 教短期大学紀要第17号)が完備していますので、早期に追加していきます。貴重な記録 を残された真栄城氏に改めて敬意を表したいと思います。
1956(S31) 米軍人ジョエル・リッシュ氏を中心に,ダブル・クヮルテットにフルート1本,クラリネット1本で 「チェンバー・オーケストラ」を5月に結成。練習は那覇琉米文化会館で週2回,演奏会も那覇と各地の文化会館で行なう。
1957(S32) 指揮がリッシュ氏からシーザ・リッチ氏に移りメンバーも25人〜30人に増えたので(半数外人,軍 人)名前も沖縄オーケストラに改める。
1958(S33) シーザ・リッチ氏からロバート・ウェスト中尉,ジョンシップリ大尉にかわる副指揮者に真栄城隆司氏を おく。
1960(S35) 真栄城隆司氏が正指揮者となり,メンバーも県内を中心に本格的オーケストラ活動を始める。ホノルルシ ンフォニーオーケストラ常任指揮者ジョージ・バラティ氏を迎えて沖縄で始めてシンフォニー全曲演奏する。(曲はハイドン「交響曲第86番」)
1961(S36) 宮古島,八重山島へ演奏旅行。
1964(S39) 真栄城隆司氏が勉学のため上京,またメンバーの数人も進学のため上京し,富原守哉氏を中心に室内楽団 として活動を続ける。
1970(S45) 真栄城隆司氏帰沖,再びオーケストラ活動始める。
1971(S46) 名称を「沖縄交響楽団」に改め団長(初代:渡辺文男),常任指揮者(真栄城隆司),コンサートマス ター(数和子)を決めメンバーも38名で本格的オーケストラ活動を始める。
12月 第12回定期演奏会

 パートU(1972〜1988)  パートV(1989〜2016)