指揮者紹介

大勝秀也


東 京に生まれる。東京音楽大学卒業。1988年ドイツに渡り、ボン市立歌劇場のアシスタントとして数多くのオペラを指揮し、その後、1991年ゲルゼンキル ヒェン市立歌劇場第一指揮者、1994/95シーズンよりボン市立歌劇場第一指揮者。ドイツを中心にヨーロッパで活躍し、1996年5月/6月ボン歌劇場 海外公演を行なった。
オペラ公演以外にも、ボン・ベートーヴェン・ハレ管、北西ドイツ・フィル、ザグレブ・フィル等と協演。また、シュトウットガルト室内オーケストラとCD録音を行ない、1995年3月/4月にはアメリカ、オーストラリア演奏旅行を行なった。
1996年7月よりマルメ歌劇場音楽監督に就任。1999年5月には同歌劇場管弦楽団とCD「バーンスタイン:ウエストサイド物語/ストラヴィンスキー:火の鳥」をリリースし、スペイン演奏旅行を行なった。
国 内では、1998年7月二期会「フィガロの結婚」、1999年6月N響定期、1999年11月新日フィル定期、2000年9月大阪センチュリ−定期、 2002年日生劇場「日本人オペラシリーズ3/久保魔耶子:羅生門」公演、関西二期会で「ルチア」「ばらの騎士」「タンホイザー」「ノルマ」などを公演 し、正統ドイツの薫り豊かな演奏が高く評価されている。
2006年6月/2007年5月ボリショイ劇場で「トスカ」を指揮し好評を博した。
2011年12月に金沢と高岡で、2012年1月には東京の新国立劇場で、泉鏡花原作、池辺晋一郎作曲の「高野聖」を初演し好評を博した。
2012年10月大阪でフェラーリ作曲のオペラ「イル・カンピエッロ」を上演、2013年12月いずみホールで演奏会形式により、モーツァルト「イドメネオ」を指揮。
びわ湖ホールでは、2014年2月に「ホフマン物語」、2014年12月には「天国と地獄」を上演、2015年12月にはドヴォルザーク「ルサルカ」の上演し、好評を博した。
現在、昭和音楽大学非常勤講師。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団正指揮者。


*沖縄交響楽団の指揮は、第56回〜59回定期に続き、今回で5回目となります。

 沖響との主な演奏曲目は、ベートーヴェン・交響曲第3番、ドボルザーク・交響曲第8番、ブルックナー・交響曲第4番「ロマンティック」、ショスタコーヴィチ・交響曲第5番「革命」。毎回素晴らしい指揮をしていただき、好評を博しております。